専門知識はオンラインセミナーで習得|web会議で仕事の効率UP

欠かせない存在

通信システム

車の免許は18歳になればすぐにでも取ることができるため、多くの人がこの免許を取得しています。しかし、普段何気なく運転しているとしても、車の細かな設備などに関してはそこまで詳しくないという人も多いのではないでしょうか。車が正しく動くことにはちゃんとした理由があります。例えばハンドルをきる、ブレーキを踏む、ギアチェンジをするという行動がありますが、それはすべて車載ネットワークが管理しているのです。車載ネットワークは一般的にCAN通信と呼ばれていて、CAN通信が正常に動いていなければ車の安全な走行は叶いません。このことから、CAN通信がいかに車にとって重要な役割を果たすのかということがよく分かるでしょう。CAN通信を利用する際は、まず初期設定が必要です。車を安全かつ正常に動作させるためには、少しのミスも許されません。とは言っても、これは自分で設定するのではなく自動車製造の過程でプロによる作業が行われているので、安心しましょう。

また、車載ネットワーク以外にも、CAN通信は様々なところで活躍しています。まず、カメラ機器の分野挙げられます。カメラを正しく作動させて綺麗な写真を撮影するためや、データを保存しておくためにもこのCAN通信は欠かせないのです。また、同じように音響機器などに関しても良質な音を出すために、このCAN通信の力を借りています。このように、普段聞き慣れない単語ではありますが、CAN通信は日々の生活の身近なところにあるのです。